購入から約5年、順調に我が家の環境に慣れ次第に株に勢いを増してきていたレリアでしたが、今年の初夏に伸びてきた新芽は大半が貧弱で小さく、久々の作落ちを覚悟したもの。
ですが夏場にかけて重点的に肥料と日照を施したおかげで、5本伸びてきた新芽のうち何とか3本に花芽を確認出来る程にまでなりました。
実はそのうち1本は明らかに前年に完成したバルブよりも大きく、むしろ作が上がっていたのです。株自身が意図的にこの新芽に養分を集中させたのかは定かではありませんが、何とかこの新芽に着いた花芽だけは立派に開花させる事が出来る様、仕立てていきたいと意気込んでいます。
去年まではほぼルーフ一枚だけの心許ない遮光の状況のベランダだったものの、今年からはそれに加え欄干と棚に沿ってアサガオやヤマイモの蔓を這わせ、適度な遮光条件を作りだす事に成功しました。
こうなるとそこを通り抜ける風も心なしか涼しく感じると共に、棚に吊ってあるレリアや他のミニカトレア達の夏越しも自然と容易になってきます。特に極度の乾燥で水をやったその日の夕方には鉢元がカラカラ、といった状態も回避出来る様になり、心配事が減ったのは嬉しい限り。
これから秋口にかけて更に乾燥した環境となりますが、現在のこの状態なら心配は要らないでしょう。